FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数週間前、たくちゃんが1枚のプリントを持ち帰った。

“ゲストティーチャー募集”

子どもたちにお仕事を紹介してもらえませんか?というものだった。
締め切り前になると、
「お母さん、早く出してみんな提出してるから
料理の先生は他の人が出してるけん、理学療法士で出して
とせかすので、軽い気持ちでたくちゃんに返事を持たせた。

数日後、担任の先生から電話。
「TUMUGIサン、お引き受けいただきありがとうございます。
実は提出してくださったのが2人しかいなくてですね…」



「ほんと、助かります

「で、どんな感じで

「6年生全体の前でお願いします。
いやホントよかった

断れなくなっていた…


そして今日、5時間目。
話してきましたよ、100人の子どもの前で。
ゲストティーチャー

これはお得意の“女優”になるしかないと、
白衣を着て、
患者さんを演じながらエピソードをお話ししました。
それが功を奏したのか、
眠たい時間にもかかわらず、みんな真剣に聞いてくれました。
あっという間の15分…いや、それ以上話したかな?

たくちゃん、帰るなり、
「お母さん、お疲れさまでした。
話してくれてありがとう。超感動した」って涙流してた。
「友達もみんな、感動したって言ってたよ」
患者さんのものまねをして後からふざけ合うんじゃないかと思ってたから、
正直ほっとした。
みんなの心の中にひとつぶ小さな種を落とせたかな…




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tumugi2010.blog119.fc2.com/tb.php/347-73aeb66c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。