FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。
昨日今日長男の柔道の市大会でした。
結果は団体も個人も県大会に行けず…
はっきり言って、長男、気迫が足りない。

部員を見回すと
ケガをして生涯最後の試合のつもりで臨む先輩、
今年お母さんを亡くしても練習を重ねてきた先輩、
試合に出たくても出れない子…
そんな中で長男は試合に出させてもらえるのだ。


長男は自分に自信が持ててない。
これは長男を育てる中で私の大きな課題である。
彼は彼なりに成長しているし、強くなっている。
小学生のころから長男を知っている人は、皆そう言う。
ただ、本人の自覚はない。
周りの成長のスピードと自分のそれとを比べてしまう。
やさしい性格だし、身体能力がある方ではないので
コツコツ積み上げていって、結果が出るのはずっと先、ってパターン。
それはそれでいいと思うんだけど、
周りがどんどん強くなっていくのを見ると
“自分は…”って自信喪失してしまって彼の柔道が出来なくなる。
結果努力を怠ってしまう。

先天的な足の障害があることのせいにはしたくないが、
下半身が弱い。
試合のビデオを見てそれはわかっているのだが、
なかなか自主練しようとはしてなかった。
大会前は近所の公園で自主練しているようだったが、
自己満足の範囲内。

小学生なら「一緒に走ろう」なんて言ってると思うけど、
彼も中2。そんな歳ではない。
自分から“何とかしなくては…”と奮い立たせてほしい。
歯がゆい思いがつのり、今日はついつい小言を言ってしまい、
彼は部屋に閉じこもってしまった。
「夕方走りに行ってくる」って昼間言っていたのに
気分を害してしまった。
中学生の男子にとって、母親の助言なんて必要なく、
父親や友人・恩師の関わりが大きくなっていくことくらい
分かってたはずなのに…

“言い過ぎたかな…”そんな反省をしながら台所に立っていたら、
玄関のドアの音がした。
ベランダからのぞくと
水筒を片手に海岸へ向かう長男の姿。
とりあえず、ほっとした。

自分の壁を乗り越えれたら
君はもっと大きく成長できるんだよ。
大会成績なんて望んではいない。
自分に自信を持ってほしい。
がんばれがんばれ

この夏母は見守ることに徹します。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tumugi2010.blog119.fc2.com/tb.php/353-7d5f692a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。