FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柔道お守り

彼女との出逢いは長男の部活。1コ上の先輩。
出稽古で怪我をし、かかりつけの病院に行って1週間。
芳しくないようだったので、思い切って
長男のかかりつけの整形外科をお母さんに紹介した。

そこでの診断は“高校行っても柔道は出来ないよ”。

それを聞き、私は紹介しなければよかった、と後悔した。
だが、彼女は紹介してもらってよかった、と言った。
そして、「覚悟ができた。」と。

柔道の大好きなAちゃん。
痛みをおしてでも練習していた、芯の強いAちゃん。
自分がそんな状況の中でも
中総体前に部員にお守りを手作りしてくれる
思いやりのあるAちゃん。

区大会で、痛みをこらえて出場。
個人戦敗退
団体戦突破
痛みと不安と安堵とで、
試合終了後お母さんに抱きついて泣いていた。
私も寄り添い、ねぎらいの言葉をかけた。

その夜、私はお母さんにメールをしていた。

「お金とか要りません。
Aちゃんのコンディショニングしましょうか?」

私は今までお友達のお子さんの治療を避けてきた。
もし私が治療して悪くなったとしたら、
それまでの関係を失ったしまうのが嫌だったから。
でもAちゃんのひたむきな姿を見て、
そんな思いが吹っ飛んでしまった。

確かに変形して固まってしまった関節は元には戻らない。
だけど、まだやれることがあるんじゃないか…。
そんな思いがふつふつと湧いてきた。

2日後、我が家で初コンディショニング。
スポーツ選手のコンディショニングというのは難しく、
こちらの采配でパフォーマンスに影響が出てしまう。
治療不足だと痛みもとれないしパフォーマンス出来ない。
触り過ぎると筋肉の働きを損ねて結果が出せなくなる。
部活の先輩で、私からの申し出でプレッシャーもゼロではなかったけれど、
今目の前にいる彼女に、悔いなく思う存分
最後になるかもしれない柔道を楽しんでほしい、
その一心で向かった。

翌日お母さんからのメール。
“帰宅すると玄関に走ってきて、
「なんか、足軽いの練習も痛くなかった」って。”
調子がいいのが続き、試合前日にもう一回コンディショニングを行い、
迎えた市大会…

見事県大会への切符を手にしてくれました

それから時間を作ってコンディショニングを続けて…

今日県大会。
おしくも1回戦で敗れてしまいました
彼女の中学生での柔道生活は終わりました。

今夜Aちゃんからのメールが届きました

“結果としては負けてしまいましたが、一生懸命
自分なりのプレーが出来たので後悔はありません
…なんて。実際は凄く悔しいんですけどね(笑)
でも、今までやってきたことを全部出し切れました。

コンディショニング、本当にありがとうございました。
おかげさまで、区大会の時よりもいい試合が出来て
県大会まで行くことが出来ました!
TUMUGIさんやたくさんの人に支えられての今日でした。
感謝の気持ちでいっぱいです。
    (中略)
TUMUGIさんに会えて、本当にうれしかったです。
本当に本当にありがとうございました。
また絶対遊びに行きます

お母さんからも、カラダはもちろん、メンタルも
ひきあげてくれて、ありがとう。とお礼のメールがありました。


でもでも、お礼を言うべきは私の方で、
Aちゃんに生かされた2週間でした。
本当に素晴らしい試合を見せてくれました。
どんな障害を持っていても、
それを乗り越えられる力をヒトは持っているんだということ。
改めて伝えてくれました。
彼女はこれからどんな選択をして人生を歩んでいくにしても
今回のケガをした経験が糧となるでしょう

ロンドンオリンピックが始まりました。
どんな柔道の試合を見ても
Aちゃんの試合ほど感動しないような気がしています。。。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tumugi2010.blog119.fc2.com/tb.php/354-4ae70dde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。